スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月終わった

普通の年だったら暇な月なはずなのに、結構忙しかった

明日から12月。どうなることやら
スポンサーサイト

赤坂・壌

赤坂TBS近くにある立ち飲み屋である


日本家屋の佇まいを残し実に風情がある


ドリンクは原則500円だが、ハイボールは300円、つまみは300~500円。ポテトサラダは300円だが、予想以上にボリュームがある。

ハイボールは軽く飲んで次はウコン緑茶ハイ500円へ。ほのかにウコンを感じる味だ

食事の後だったので早々に退散したが、また行きたい店である

パート1



UFC 123 Quinton Jackson vs Lyoto Machida Part 1 por ZERRO no Videolog.tv.




パート2



UFC 123 Quinton Jackson vs Lyoto Machida Part 2 por ZERRO no Videolog.tv.

HEAT16 金 泰泳VS戦闘竜

どっかの馬鹿が会場で撮ったいわば海賊版映像ですね。でも、HEATくらいのマイナープロモーションは目くじら立てずに、露出の機会が増えたと解釈してほしい。プロの映像ではないのでかなりゆれますよ。



UFC122 岡見勇信VSネイト・マーコートの試合へのリンク

この試合を見るための注意事項

リンク先に行くと普通に再生用の画面が出ますが、そのまま再生しても広告が上に居座っていて、試合の内容がほとんど見えません。フルスクリーンモードにすると広告表示が出ませんので、フルスクリーンモードにしてみましょう。元ネタはどこだか知らないけど、ひどい動画サイトだ。


パート1

http://www.mma-core.com/videos/_UFC_122_Nate_Marquardt_vs_Yushin_Okami_Part_1_of_?tab=0&tid=100&vid=10014200


パート2

http://www.mma-core.com/videos/_UFC_122_Nate_Marquardt_vs_Yushin_Okami_Part_2_of_?vid=10014201&tid=100

事情はあるとは思うけど

子供を夜遅くまで連れて出歩くのはどうかと思うのだが

渋谷・富士屋本店

相変わらず混んでるが、店員の誘導がうまいので、無理なくスペースを確保できる


生ビール、マカロニサラダでまずは飲む。この店にはサワーがないのが残念だ

マカロニサラダで間を持たせてハムカツを注文。

そして埼玉県久喜市の日本酒、寒梅とレンコン天を注文。小銭があれば、肉豆腐にしたかった


しめて1380円なり。ちなみに在店時間約30分

九段上でランチ

ハローワーク、年金事務所の職員のツッコミをかわし、靖国神社前でランチ


ちょっと高いが歩いた後なんで妥協。ご飯は少ないが、おかずは多い


次は本日のメインイベント、年末調整説明会だ!

待つなあ

現在ハローワークで順番待ち


相変わらず待たされる場所だ

この後の予定が詰まっているだけにつらい

移動中

今日は移動が多い


まずは飯田橋
ハローワークの職員のツッコミに負けないぞ!

久しぶり!

久しぶりにナタデココジュース飲んでいる人を見た


というか、まだ売ってたんだナタデココ

大阪出張記

8月の話なので、軽く2ヶ月は経過しているのですが、せっかくポメラで打ったのにお蔵入りも嫌なので、アップしちゃいます。

*******************************************************

「このクソ暑いのに、なんで大阪に行かなきゃならないんだろう?」

そう思いながら、自宅から東京駅に向かう。会社分割をするために書類を確認しにいくのが今回の大阪行きの目的なのだが、自分がわざわざ行くほどのことでもないのだが・・・。


そう思いながらも、東京駅の新幹線ホームに立つ。まだ、列車には乗れないので、お茶を買い、待合室に入る。実に涼しい。そんなことを思っている内に列車の準備が整い、乗車可能となる。


それにしても今回は上司と一緒なのだが、席は別々。気を使わなくてよいのはありがたいが、なんかちょっと寂しい気もする。私は席につき、早速靴を脱ぎ、リクライニングシートを軽めに下げる。


東京ー新大阪間はのぞみで約2時間30分。本でも読もうかと思うが、ついたら仕事が待っている。今回はとにかく寝ることにつとめた。幸い、新大阪止まりなので、寝過ごす心配はない。


それにしても窓際は暑い。景色が見えるのは良いが、窓ガラスが日光で温められている。もちろん、日除けのシートは下ろせるのだが、温まったガラスの温度を下げることはない。まあ、今回は軽装だったので、冷房で寒い思いをすることもなかったことは幸いだ。


そう思っていると、列車がようやく動き出す。それにしても上司は乗っているのだろうか?まったく姿が見えない。夏休み期間とは言えど、さほど混んでないだろうと甘く見ていたが、私が乗った車両は乗車率100%近い。1列5人がすべて埋まっている。自分の数少ない新幹線経験では初めてだ。窓際の私は移動の自由を奪われた。もともと、寝る気だから、関係ないか。トイレに行かなくてすむようにペース配分しながら、仮眠とお茶を繰り返し、新大阪へ到着。降りるときには上司を確認。下車して、淀屋橋へ。


新幹線から大阪市営地下鉄の御堂筋線へ。上司は何を思ったか、JRに行こうとする。大阪白帯の私が先導する。それにしても市営地下鉄は相変わらず汚い。2年前にも来たが、進歩がない。


地下鉄に乗るとやたらと女性の客が多い。


「なんか、おかしいなあ。」


と感じていると、「女性専用車両(平日の終日)」とある。「平日の終日?」おい、それって今じゃん。それは女性客ばかりな訳だ。私はスゴスゴと隣の車両に移り、淀屋橋へ。


大阪のオフィスに向けて歩き出す。途中、宿泊するホテルを通り過ぎるが、地図の見方が甘く、道に迷う。やはり信号の数はキチンと数えなければ。銀行が同居するビルと聞いていたので目印にしていたが、見つからないわけだ。だって、空中店舗なんだもん。まあ、なんとか自力で到着。久しぶりに会う人もいて旧交をあたためる。


その後近くの洋食屋に入ってオムライスを食べる。少し高いが、その分量も多い。ビックリした。


大阪オフィスに戻り、早速作業に取りかかる。移動の後にも関わらず、仮眠作戦が幸いし、驚くぐらいの集中力を発揮する。予定数の6~7割くらいを終えて初日は終了。


ホテルへ向かう途中で、別件で来ていた先輩方2名と合流。自分の上司はほったらかしで。もっとも上司も別で動きたかったみたいだ。


その後は喫茶店みたいな内装の自称居酒屋に入って乾杯。ビール→焼酎と続き、大阪的なものを何一つ食することなく、ホテルへ戻る。地理に慣れていないので、少し迷う。


ホテルへ戻り、改めて部屋にはいると狭い。ほぼ、ベッドだけの部屋だ。でも、どうせ一人だし、寝るだけの部屋だ。荷物をおいても、すべて手の届く範囲にあるので、それはそれで便利だ。それと今回の宿は「大浴場」が売りとのことなので、1時間ほど酔いを醒まして、大浴場へ。


大浴場と銘打つだけあって、確かに風呂は大きいのだが、脱衣場も「大脱衣場」にしてほしかった。ロッカーの配置が悪いので、一人が着替えていると、待ちの列ができる。風呂の温度は少し熱いが、我慢できないほどではない。ただ、呑んだ後なので、肩までどっぷり浸かることはしない。


部屋に戻りコンビニにでも行こうかと思うが、また着替えるのもかったるいので、多少の空腹は我慢する。スポーツドリンクを飲みながら、テレビを見る。大きくは東京と変わりないが、ハイヒールがMCをしてるのを見たりすると、嫌でも大阪にいることを意識する。リモコンが2つあるが、たぶん1つはHなやつだと思う。迂闊にさわって課金されてはたまらないので、自分から遠ざける。12時を回って、床に入る。というか、初めからベッドの上にいたが・・・。


私は呑むと途中で目をさますので、途中で2回ほど目を覚ましながらもなんとか寝る。思っていたよりも枕は合う。ウトウトしている内にいつのまにやら、午後6時30分。人前に出ても恥ずかしくない程度の身だしなみをするが、ヒゲ剃りではもはや流血戦だ。それに、ボディソープはあるくせに、普通の石鹸はない。私はそんなに気にしないが、繊細な人ならかなり嫌だろう。


ホテルの朝食はバイキング形式。貧乏性が遺憾なく発揮され、2食分くらいは平らげる。おかげで、便秘になることはない。それにしても、朝食はまあまあおいしかった。部屋に戻って身支度を終え、チェックアウト。


2日目もやることは同じく書類のチェックだが、初日に目途がついていたので、グループウェアを使って、それ以外の仕事をこなす。ネットワークコンピューティングの利便性をフルに活用する。大阪にいるのに、東京の業者さんやスタッフと電話するには変な気がする。


途中、近くのミニストップにより、買い物。東京と売っているものには大差がない。店員さんと吉野家WAONカードの話で少し盛り上がる。


お昼は現地スタッフに連れられ、船場カリーへ。私は知らなかったが、大阪では支店も数店舗あり、人気があるそうだ。もしかすると、東京に進出するかもしれない。イカスミが入ったルーは間違いなく、カレーではあるのだが、何か不思議な味がする。もちろん、良い意味でだ。


午後の作業はそれほどなく、簡単に終えてしまう。再び淀屋橋へ向かい、新大阪へ。上司はご家族におみやげを買うが、私は荷物を増やしたくないため、お茶だけ購入。今回は席の空きの都合で同じ便だが別々の車両で帰京することに。品川で下車して直帰することを伝え、いざ乗車。ここでふと思う。


「大阪的なもの何一つ食べてないなあ」


確かに朝食では食い倒れたが、それは大阪という土地とは無関係だ。ホームのキオスクで「たこ焼きせんべえ」といういかにも、というおみやげを購入。後の話だが、予想外においしかった。だが、この時はあまりのはこの軽さに「本当に中身入っているのか?」と疑ってしまう。


帰りの列車も混んでいるが、自分の隣には誰も来ることなく、快適に仮眠をとる。結局、往復ともに寝ることに。しかも帰りは通路側なので、窓ガラスの熱もなく、移動の自由も確保されている。でも、結果としては一度も席を立つことはなかったけど。


新横浜までは実に快適だったが、外国人軍団が乗ってきてからはうるさいことこの上ない。外人というのは何であんなにうるさいのだろうか?というか英語という言語がうるさい言葉なのだろうか?だいたい、新横浜で東京行きの新幹線に乗るなんて、普通の人間はしないはずだ。ましてや円高なら外人にとってもきついはずだ。


まあ、どうせ次の品川で降りるので、下車の準備をそそくさとして、下車。品川の土産物店では「関東限定」というお菓子を見る。東京在住の私は初めて見るものだったが。品川駅は雑然としていた。駅の出口には列ができている。単なる混雑とは明らかに違う。後で知ったが、色々な路線が遅延していたようだ。私が乗る山手線は何の問題なく動いていたが、余波は受けていたらしく、かなりの混み具合だがなぜか席に座ることができる。恵比寿ではモデル的な女子2人組がかなりきわどい感じのミニスカートだったりする。そんなこんなで渋谷に到着。ここからは普段通り、バスにて帰宅。


2年前にも大阪には行ったが、この時も大阪的なものは食べなかった。今回はそれ以上だ。もっとも、政治家先生のおかげで、道路が整備され、流通網が発達したので、たいていのものは東京でも食べられる。私は大阪ではたこ焼きを食べないくせに、東京の自室でたこ焼きを食べている。そもそも、大阪の人は実際、たこ焼きをどの程度の頻度で食べるんだろう?私は生まれも育ちも東京だが、もじゃ焼きなんて1年に1回食べるかどうかだ。

エコって知らないのかなあ

今、マックで読書中なんですが、そこへ2組の親子が。


母親は私と同世代、娘さんは小学生。多少うるさいのは許せる


でも、こいつら、持ち帰り用にご丁寧に紙袋に入れてあるのを取りだし全部をテーブルに出して食い始めた

だったらはじめから袋に入れてもらうの止めろって

バカな親にはなりたくないな。エコって言葉、知らないのかなあ?

酔った

久しぶりにちゃんとした店で飲んだらチューハイ2杯でかなりいい感じで酔ってしまった


やはり適度に余裕があるのが一番だね
プロフィール

makorin2004

Author:makorin2004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。