「靴」ってなんだよ!

今日、自転車に乗っていたら
大きく「靴」って文字が刺繍された帽子をかぶっている若者が。

しかも帽子はかなり真新しい。

なんだよ「靴」って!

なんか意味あんのかよ!

わけわかんないよ!
スポンサーサイト

ふりだしに戻る

「ふりだしに戻る」といっても双六の話ではありません。

私のパソコン、WINDOWS8の愚かなパソコンがまたもや動かなくなりました。

前回はサポートに電話して筐体をあけてメモリをしっかりと差し込んだだけで済んだのですが、
今回はサポートに頼ることはなかったのですが、初期状態に戻してしまったので、
購入後9か月に渡るデータがすべて水の泡に・・・。
まさに「ふりだしに戻る」です。

これは痛い。

これだからWINDWS8は嫌だ。

でも、自分も学んでいないんですよね。

前回のメモリの時に「バックアップしっかりとらなきゃ」ってあれほど思っていたのに、
結局はしなかったツケが今ここに来るとは。

9か月前のものですが、移行時のデータが残っていただけでも良しとしなければ。

それにサポートいう他人に頼らずにこうしてネットに接続でき、
こうしてブログの記事を書いています。
これは自分的には進化しています。「一人でできるもん」ってところが。
まあ、代償も大きいのですが。

もしかすると、おとなしくサポートに電話していればデータを救い出す術があったのかも。

ここはかっこよく「ゼロからのスタート」ってことにしておきましょう。

「イッテンヨン」の感想

終わって1週間以上も経って、感想とか言うのもどうかと思うが、一応書いとこう。

試合順(カードそのもの)とか結果は下のスポナビへのリンクで見てほしい

http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/fight/all/2014010401/

第0試合

天山、中西でさえも前座扱いだなんて、贅沢すぎるぞ、新日本。
でも、前座でもなんでも試合組まれるだけましなのか。
天山の会場人気がことのほか高いのには驚いた。

第1試合

ただでさえ距離感があって何が何だかわかりづらいのに、4WAYなんぞにするとごちゃごちゃしてよくわからん。
4WAYとか3WAYとかでタイトルマッチにしても結局はタイトル移動しないような気がする。これはアメリカも日本も同じような気がする。でも、たまに移動したりする。
そもそも第1試合だけど、タイトルマッチ。ベルト多すぎ。

第2試合

第2試合だけど、やっぱりタイトルマッチ。そもそもこのカード興味ない。特にギャローズってWWE時代もそうなのだが、華がなさすぎる。この試合はトイレ休憩に考えていたので、あまり良く見ていません。

第3試合

また、NWAの社長とやらがちょっかい出して有耶無耶にするんだろうなと思っていたけど、結局は小島がタイトル奪取。でも、NWAの権威も地に落ちたものだな。この試合の最大の収穫はハーリー・レイスが見られたことですね。

第4試合

今の新日本の勢いをもってすれば、暗黒時代と同じことをしても大丈夫だろうという、ある種のチャレンジマッチ。まあ、反則負けってのはグレイシーに取っては傷をつけない終わり方だよね。正直やる意味ない。

第5試合

ムタが出ると全部ムタが持っていっちゃう。今の新日本にムタはいらないと感じた。

第6試合

これもイマイチ必要性が感じられなかったなあ。それとこの試合の前に休憩があったのですが、トイレがなかなかあかずに、並びながら試合の大半を見る羽目になりました。まあ、必要性がないと言い切っているくらいだから、さほどガッカリ感はないのですが。

第7試合

この試合をこの日のベストバウトに推す声が多いみたいですね。その声には納得できるのですが、この1年で4回ですよね、このカード。かつての棚橋VS中邑もそうなのですが、良いカードを乱発するのは今も昔も新日本のよくないところ。
「ここぞ」って時に出さないと。今回は後藤復帰戦だし、必然性はありますよね。

第8試合

デビットは何であんあペイントしちゃったんだろ?やるんだったら、今後すべての会場でやるべきだよね。イッテンヨンって地方から来る人もいるから、案外「いつもとおなじ」がいいと思うんですよ。好きなラーメン屋に行ったとして、いつもは豚骨ラーメンが売りなのに、「今日だけは特別バージョンだから、しょうゆラーメンしか売りません!」とか言われても、遠くから訪れた人はがっかりしちゃうわけですよ。

このくらいになると試合内容は外さないよね。

第9試合

まこりん的にはオカダVS内藤の方が良かったと思いますね。ただ、この試合ってすべて「内藤に対する信頼感のなさ」が出てるんですよ。

この試合が最後にならないのは内藤が挑戦者だから。
この試合の勝者がオカダなのも内藤が挑戦者だから。

あおの「主役はオレだ!」ってフレーズやめてみては?

第10試合

これも内容はいいのですよ。さすがメイン!ある程度の満足感を間違いなくもたらすカード。それに久しぶりのカードってのが大きいよね。でも、これで益々インターコンチの存在感が増し、IWGPヘビーの権威が薄くなる。だから、復帰直後の後藤が次期挑戦者になってしまう現実。


それと試合とは関係ないのですが、「女性オンリーのグループ」を会場でちらほら見ましたね。格闘技の会場にいる女性って、悪そうな風貌の男性の連れのパターンか、ジム(もしくは選手)の関係者で団体で来ているパターン。あまり「女性オンリーのグループ」ってのを見たことがない。

やっぱ後楽園の日曜昼興業で、その勢いを再確認しておきたいですね。

東京ドームについて大いに語る

昨日は「1.4 新日本プロレス東京ドーム大会」に行ってきました。
試合の感想は別記事で書く予定なので、ここでは久しぶりの東京ドームそのものについて語ります。

まこりんは基本的には東京ドームという会場は好きではありません。

・そもそも大きすぎる

野球場なのだから当たり前の話なのですが、プロレス会場としては不向きだと感じます。私はコンサートとかには行かないので、そっち方面のことはわかりませんが、天井が高すぎるが故に、いろんな意味で熱が分散してしまうように感じます。

プロレス・格闘技としてはさいたまスーパーアリーナが大きさ的には限界かなと。あそこは広いですけど、天井がドームほどではなく、いろんな意味で熱が分散しない気がします。

・手荷物検査がうざい、ペットボトル持ち込み不可とか制限が多い

一番嫌いな理由はペットボトル持込不可で、手荷物検査までやることですね。
でも、これに関しては回避テクニックがあります。
ただ、このことを知らずに(または忘れて)行くと、入り口でバカみたいにでかい紙コップに移し替えさせられる羽目になります。

・売り子のお姉ちゃんが多すぎる

上のペットボトル持込禁止は会場内の物販促進が最大の理由なわけですが、とにかく売り子のお姉ちゃんが多すぎ。
せめて試合が始まった時くらいは売るのやめましょうよ。

私は神宮球場にしばしば行きますけど、野球ってボールの行方を追うから視点があっちこっちに移り、意外に売り子の方が気になりません。

でも、プロレスや格闘技ってリング1点を見つめるので、邪魔くさくて仕方がない。

・トイレが少ない

これは東京ドームに限らずどこの球場もそうなのですが、屋内なのだからもう少しなんとかならなかったの?

とここまではネガティブなことばかり書きましたが、良いところだってもちろんありますよ。

・交通至便!

JR水道橋駅、東京メトロ・後楽園、都営地下鉄・水道橋、とアクセス抜群。
これはさいたまスーパーアリーナではかなわない。
でも、まこりんは神保町まで歩きます。
歩けるのもも立地の良さだからこそ。

・周辺施設も充実!

WINS後楽園やラクーアなど周辺施設が充実。1日過ごせます。
終わった後のお食事もお店が豊富。ただし、時間によっては閉店ということも。

・意外に椅子が座りやすい

まこりんが若干痩せたからそう感じるだけかもしれませんが、さいたまスーパーアリーナよりは良かった気がします。



まあ、「東京ドーム!」っていうと主催者側にとってはスケールの大きさというか、ステータスがあると思うのですが、見る側からすると、いい会場だとは言えないですよね。

結論としては「プロレス・格闘技に関していえばやっぱり後楽園ホールがいい」

ですね。後楽園ホールのありがたみをヒシヒシと感じました。

元日のサイゼリヤ

明けましておめでとうございます


元日から相変わらずサイゼリヤに来てますけど、珍しく真面目に食事してます


ところで、サイゼリヤみたいなファミレスに8人で来るなんて、非常識にしか見えないんだけどなぁ
プロフィール

makorin2004

Author:makorin2004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR