FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテーテルアブレーション体験記6~入院するのに何が必要だろう?

私は入院日の前日まで普通に仕事をする予定でしたので、
入院時に持っていくものは、2~3週間かけてこつこつ準備しました。

入院日数は3泊4日と決まっており、短縮されることも延長となることもありません。
(緊急事態となればもちろんその限りではありませんが・・・)

<実際に持って行ったもの>

・下着3日分
 これはさすがに必要です
 病院内にはコインランドリーもあるので、利用している人も多いようでした。

・Tシャツ1枚
 これは入院中に使うのではなく、退院時に着る時用です。
 何故3枚ではないかは下で説明します。

・靴下3日分
 人によって、また季節によってはいらないでしょう。
 私は冷え性なので、空調が利いた屋内では夏でも靴下は必要です。

・手ぬぐい1本
 これは普通はいらないですよね。
 私は家でもヘアバンド代わりに使う習慣があるので持参しました。
 でも、かなり役立ったのはこれかもしれません。

・携帯電話と充電器
 ヘビーユーザーでなくてもこれはあった方がいいです。
 充電はさすがに無料でできました。

・歯磨きセット
 これは新しく買いそろえました。
 退院後は会社で使うので無駄にはならないし。

・カップ
 私はカップと言うよりも、蓋が密閉できるタイプのボトルを持っていきました。
 後述するお水もこれで飲みます。
 もらい物でしたが、ベッドの上で倒れても、こぼれることがないので、これは一番の必需品でした。

・石鹸(旅行用の小さいの)
 たまたま家にありました。

・シャンプー(携帯用)
 実は入院するまでは風呂屋めぐりと言う趣味を持っていたので、
 その時に買ったものが使えました。

・ひげそりとシェービングクリーム
 家のひげそりは人前で使うには見苦しい感じだったので、新しく買いました。
 シェービングクリームも携帯用のものを買いました。
 3泊4日と最初に決まっていたので、人によってはいらないと感じるかもしれません。

・メモ帳とボールペン
 注意事項をメモするので、意外によく使いました。
 この体験記を書くのにも役立ってます(笑)。

・イヤホン
 これはベッド脇のテレビを見るのに使います。
 あまり長いと扱いづらいかもしれません。

・箸とスプーン
 病院では食事は出ますが、箸とスプーンは持参です。
 結果としては箸しか使いませんでしたが、メニューによってはスプーンがあった方がいいでしょう。

・限度額適用認定証
 健康保険には医療費が一定額を超えると差額に近い金額を給付してくれる
 高額療養費というのがあるのですが、基本的には後払いです。

 なので、通常は何十万円と言う費用を一旦払うのですが、
 (アブレーションだと50万円~60万円くらいするはずです)
 この限度額適用認定証があれば窓口で何十万円という費用を支払う必要はありません。
 (もちろんゼロ円と言うわけにはいきません)

 「高額療養費の現物給付」をしてくれる魔法の紙です(笑)。
 入院時のマストアイテムです。
 財布を忘れてもこれは忘れないようにしましょう。

・印鑑
 実際には使いませんでしたが、病院から案内に記載があったので。

・お薬手帳と常用している薬
 これは必須です。入院時に一度すべて取り上げられます(笑)。
 私の場合は目薬と手にする塗り薬はすぐに返してもらいましたが、
 内服薬については3日目の夕方くらいに返してもらいました。

・文庫本1冊
 これは完全に趣味の領域です。
 購入していてもなかなか読めていない本があったので、ある程度読書が進みました。
 それでも、読破するには至りませんでした。

・薄手のパーカー
 真夏にはいらないかなと思いましたが、手術後は意外に役立ちました。
 これは寒がりの私ならではかもしれません。

・ハンドスピナー
 私以外の人は100%不要ですね(笑)。
 でも、これのおかげで看護師さんとの会話のきっかけになりました。

ちなみに、大半のものは病院内のコンビニで購入可能でした。


<反対に家から持っていかなくて良いものは?>

これは状況によってかなり変わるでしょう。
参考程度にしてください。

・寝巻き
 病院でレンタルしました。入院患者さんには季節柄、Tシャツを着ている人も多いのですが、
 レンタルのものは機能的に出来ているので、レンタルがあれば絶対に借りるべきです。

 Tシャツだと心電図モニターの発信機を首から下げるのですが、
 結構重たいと思います。

・バスタオル・フェイスタオル
 これもレンタルしました。
 バスタオルはベッドの上で座る際に腰にあてがう、枕の高さを調節する等役立ちますよ。

・多額の現金
 病院内にコンビニとATMがありましたので、何十万円も現金を持参するのは防犯上も危険です。
 私が入院した病院はクレジットカードの利用も可能でしたので、ATMすら使いませんでした。

・サンダル
 病院では「かかとのない靴」は表向きはNGです。
 ひもなしタイプのスニーカーなどいいかもしれません。

 ただし、私の場合は家族が後日持参してくれましたので、結果としては使いました。
 真夏だったので、サンダルで入院しても良かったかもしれません。

・水
 飲み水自体は当然必要なのですが、大きな病院は建物内や敷地内にコンビニがあることがほとんどです。
 私は2Lのペットボトルを購入して、持参したボトルに移しかえて飲みました。
 真夏だったせいか、3日目の夕方には2L飲んでしまいました。

もしもご家族がお見舞いに来てくれるのであれば、要らなくなったものは持って帰ってもらうと
退院するときに荷物が少しでも軽くなりますよ。

次回はいよいよ入院初日のお話をいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

makorin2004

Author:makorin2004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。