スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテーテルアブレーション体験記7~いよいよ入院

入院手続きに指定された時刻は10:00~10:30。
どうせ行ってもやることはないだろうから、ギリギリでもいいか、
と思いつつも暑い日だったので早めに涼しい病院に駆け込むことにしました。

入院手続き後、すぐさま病棟に行くものの、ベッドの準備がまだとのこと。
重い荷物を下すことなくレントゲンと心電図検査を受けるために、また移動します。
めんどくさいことこの上ない。

病棟に戻り身長、体重の測定と病棟内の説明を一通り受けます。
すぐに心電図モニターを装着しますが、レンタルの寝巻きの申し込みと水の購入をしていないことに気づきます。
心電図モニターを装着したまま1Fに行き、コンビニで水を購入してレンタルの寝巻きとタオルを契約します。

ちなみに、部屋は2人部屋でしたが、差額ベッドはかかっていないみたいです。
私が希望したわけではないですし、
2人部屋の方が男女の入換えがしやすいらしく、
病院側にもメリットがあるみたいです。

意外に慌ただしく午前を過ごすとあっという間に12:00の昼食時間です。
おかずは少ないものの、ご飯の量は多く感じました。
味はお世辞にもおいしいとはいい難いですが、普段のお昼と大差ないので特に嫌な感じはしなかったです。

14:15にシャワー室へ行きます。
かなり狭い。湯船はありません。
ここで、翌日の治療のために下腹部の剃毛を行うためのバリカンを渡されます。
看護師さんは「私が(剃毛)しましょうか?」と言ってくれたのですが、一度は自分でチャレンジします。

ちなみに、シャワーは治療日以外は使えるのかと思っていたのですが、
退院日の翌日までは入浴・シャワーは不可とのことです。
つまり、入院生活では最初で最後のシャワーです。

シャワー後はベッドで読書とテレビです。
この日は高校野球の決勝戦。
15:00に家族が今回の治療について説明を受けるために病室を訪問します。
程なく、担当医もいらして談話室なる場所で説明を受けます。

説明後は病室に戻り、念のために持参していたTシャツ2枚他を家族に持って帰ってもらいます。
おかげで退院時の荷物がかなり軽くなりました。

代わりにサンダルを受け取ります。
正直、必要性は感じてなかったのですが、厚意なので使わせてもらいます。

治療中は点滴をするので、先に血管に針を通しに看護師さんが来ます。
でも、中々上手くいきません。

「こいつセンスないな~」と思っていたのですが、2番手に来たベテラン看護師さんも苦戦しています。
私の血管は見つけにくいらしく、やっとのことで刺した場所は左手首近く。
おかげで左手が普段通りに使えず、やや不便です。
それに動かし方によっては痛いです。苦痛は無視するように努めてみます。

翌日に点滴を行うので、針は刺したまま寝ます。
寝相が悪い人は大変なんだろうな。

針刺しを終えて、剃毛を指示した看護師さんにチェックをしてもらいます。
若干の剃り残しと太ももの毛も剃りましょう、とのことで結局は看護師さんに剃毛をお願いします。

自分よりも20歳近く年下の女性に下半身丸出しで、
剃毛してもらうというのは文字だけ見ると変な想像が掻き立てられるかもしれませんが、
実際にはそんな感情はまったくおきません(ちょっと情けなく感じるかもしれません)。

医療従事者の大変さは分かってはいたものの、改めて感謝の言葉しかありません。
この気持ちは退院した今も変わることはありません。

隣のベッドの男性が退院手続きのために病院の人と話しています。
この方は限度額適用認定証に関する知識が中途半端だったらしく、
病院から提示された請求概算額を知って驚かれていました。
請求額は60万円くらいだったようです。
思わずレクチャーして差し上げたかったです。

先の記事でも書きましたが、
限度額適用認定証は必ず事前に入手してから入院してください。

その後は持参した文庫本を読んでいると18:00の夕食です。
普段は18:00が終業時刻なので、さすがに早いと感じます。
料や味は昼食と変わらず。もちろん完食です。

夕食後もしばらく読書を続けるものの、暗くなってきたこともあり、19:00以降はテレビ視聴に切り替えます。
考えてみると、入院中はほとんどNHKばかり見ていました。
年取った証拠ですね。

消灯は21:00。実は睡眠剤を渡されていたのですが、飲まないで就寝を試みます。
ですが、22:40頃に目が覚めてしまったので、あきらめて睡眠剤を飲みました。
人生初の睡眠剤服用です。

飲んだらすぐに眠くなるのかと思っていたのですが、意外にそうでもありません。
でも、いつのまにか寝ていて、翌朝は起床時刻直前の5:45に目が覚めました。
やはり効果はあったのでしょう。

さて、次はいよいよ運命の治療日編です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
プロフィール

makorin2004

Author:makorin2004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。