スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテーテルアブレーション体験記9~朦朧とした3日目

6:00ちょっと過ぎ

看護師さんによる検温と血圧測定。
ほとんど寝ていないので体温が高くても仕方がないと思っていましたが、
アブレーション治療をすると体温が高くなるのであまり気にしなくてもよいそうです。

またこの時も排尿介助をお願いしますが、尿瓶を使って自分でしろとのこと。
慎重に体を動かしながらもなんとか自力で排尿します。

8:00

朝食を取るも、自力歩行の許可がまだなので、水分摂取は極力我慢します。

9:00
若くて美人の研修医さんが鼠蹊部の止血のためのテープを外しに来てくれます。
(本当に美人なんです)

こんなに若くて美人の女性の前で下半身を晒している姿は何とも滑稽ですが、
上手く剥がしてくれたので思っていたほどの痛みはありません。
初日の看護師さんに剃毛してもらったのがここで活きてきます。感謝感謝。

ここで自力歩行のお許しが出ます。

自力でトイレに行くというのは人間の尊厳のためには大事なことだとつくづく感じました。

朝食後は心電図を計測に行くように指示があり、
4階の病室から2階の検査室まで移動します。

風呂に入れない=頭が洗えないので頭に手ぬぐい巻いて、
朦朧とした私の表情が余程おかしかったのか、
心電図検査担当の女性の技師さんが若干ふきだしてました。

心電図検査の順番待ちの間に治療を担当した医師が説明のために来て下さります。

元々の予定の箇所の焼灼を終えても心房細動が止まらないので、
原因箇所を特定するのに時間がかかったとのことでした。
単純に言うと、2ヶ所焼灼したんですね。

心電図検査を終えてからはとにかく眠いので、ベッドに横たわります。

隣のいびきオジサンはいろんな病気があるらしく、
昼間は検査やリハビリやらでいない時間が多いのです。

と言っても、昼間なので仮眠程度にしかなりません。

昼食を取ってからも似たようなぼんやりとした感じで時間を過ごし、
15:30に管理栄養士さんによる指導があります。

・家に帰って遅い時間に夕食をとるくらいなら、外食でも早めに夕食をとる

・外食の場合はサラダを提供しているかどうかを選択する上で重視している

・どうせ夜は寝るだけなのだから、そんなにたくさん食べなくてもいい

といったところを伝えたらいたく感心されてしまいました。

とは言っても、やはり指導は当然はある訳ですが、「汁物は1日1杯まで」は単純明快なので、実践できそうだと感じました。
「汁物1日1杯」は退院した今も実践しています。

栄養指導後は会社に電話を入れて、とりあえずは生きて治療室から出られたことを報告します。

その後ほどなく父が来てしばし談笑。いびきオジサンの話をします。
たぶん、この日に会話視した人全員といびきオジサンの話をしています。

その途中で看護師さんが退院時の費用の概算額を知らせてくれます。

おっと、私の試算よりもかなり低いです。
これには正直ビックリ。もちろんいい意味でです。

私は限度額適用証利用で200,000円くらいと試算していましたが、
提示された概算額は110,000円でした。

入院初日に隣のベッドの人は、ずいぶん揉めていたっけ。
何回でも書きますが、

限度額適用証は本当に事前に入手してください。

その後は具体的な退院手続きについて説明を受けます。

その後はベッドに戻りまたも仮眠。その後は夕食の時間。夕食後にふと思うのです。

「いびきオジサンよりも先に眠りにつけば、こっちの勝ちだな」と。

なので、20:00には完全に寝てしまいます。
「やった、勝った!これで安眠は俺のものだ~」なはずなのですが、
0:00近くにトイレに起きてしまったのが運のつき。

その後は騒音地獄に逆戻りです。
早く朝が来ないかなあ~。

3日目は午前の検査と午後の栄養指導以外は特にやることもないので、
とにかく朦朧としたなかで過ごしました。

病院的に一番怖いのは、カテーテルを挿入した鼠蹊部からの出血が止まらないことのようです。
もちろん、心房細動の経過観察もあるのですが。

なので、治療日翌日って基本的に暇ですることないと思います。

私はいびきオジサンのおかげで大半を仮眠に費やしましたが、
そうでなければ、きっと読書で一日終えたと思います。

暇つぶしグッズの一つはもって入院した方がいいかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

makorin2004

Author:makorin2004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。